平成27年度予算案に反対!

堺は太一。うえむら太一です。

大阪維新の会 堺市議会議員団は竹山市長が提案する27年度予算案に対して反対をしました。まず「堺の魅力、子育て・歴史文化・ものづくり大作戦」と掲げていますが、何をもって大作戦なのか、毎年このようなことを続けているが堺市を見渡してみても個別事業への施策展開費用のみで面的施策へつながるようなものが見えませんでした。
特にまちづくりにおいては、大綱質疑でも述べたように全く進む気配がありません。

市民会館の建て替えについては140億円という公金が使われるうえで毎年4億円以上の赤字が出るということがわかっています。堺東においては市民交流広場、ジョルノの再開発に伴うペデストリアンデッキ等が予算にて上がっていたが、中瓦町商店街や市民会館までの導線を面的にいた一体整備案が全く示されていない中での個別事業では、堺東の活性化はできないと考えます。

我々としても重要視している東西交通においても明確なビジョンが示されていません。都心交通とまちづくりはセットであり、個別事業(特に建設事業)が重ねられるだけでは到底賛同できるものではありません。今回の予算においても何もこれについて予算付けはなされていません。答弁等では、東西交通は必要だと述べながら予算措置されていない点では全く考えていないに等しい状況です。
都市内文分権においても形だけの整備であり、会議体が増えるだけで我々の考える分権とは程遠いものでした。私も市民人権委員会にて質疑しましたが、地域まちづくり支援事業においても9400万円という予算の効果検証が漠然と行われただけで継続事業となっている点では、真剣に取り組む地域がありながらも一律に予算を振り分けているだけではバラマキ事業と言わざるを得ません。中学校給食においても給食を実施するということでは我々が思う一歩が踏み込めました。給食は教育の一環であり、子供たち全員で食べることが食育であり教育であると考えます。
以上のような観点から平成27年度予算案に対し反対しました。

 

 
3月 21st, 2015
堺市議会

コメント

  1. ひだか まみお より:

    当選おめでとう御座います。ますますのご活躍を願っています。

    反対理由、もう少し具体的に述べていただければありがたいです。

    市長が旧市街の外の方でしょうか、。それとも拡大した堺市の地勢からでしょうか、旧堺が取り残されていくような気がしています。

    近かった市民病院も遙か遠くになりますし。交通のアクセスもはっきりとしません。

    将来の都構想では堺市の旧市内を堺区にしてはいかがですか? 現在の堺市を一つの区にしては広すぎます

コメントを残す

キーワード:     
fb